セントラルゾーン フォレストゾーン キャンピングゾーン リバーサイドゾーン ソルトスパゾーン

総合案内所

公園のご案内、イベントの受付、森の宿泊館のご予約やチェックインなどを行っています。
白州のご案内もありますので、お気軽にお声かけください。


サラダボウルKitchen 白州べるが

2015年4月18日 New OPEN
ちいきの方々と一緒につくる ちいき野菜レストラン「サラダボウルKitchen 白州べるが」
=====
わたしたちは
野菜が大好きです。
どうすればもっとおいしくなるのか
どうすればもっと好きになってもらえるのか
いつもそればかり考えています。
野菜を知ることが楽しくて
野菜がおいしいことがうれしい。
そして
その気持ちをおとなりさんにもおすそわけしたい。
そんなおうちのなかのKitchenでありたい。
SALADBOWL Kitchen
=====
その時々にとれた野菜を使い、プレート・カレー・ピザ・ボウルでお召し上がりいただけます。
森の中でゆったりと白州を感じながらお食事いただけます。

もっと詳しく >>

陽だまり広場

ガラスの屋根がオシャレなドーム型の建物。
さんさんと降り注ぐ太陽が気持ち良い。

森と水の展示館

白州の水、森、歴史などをいろいろな方法で楽しくわかりやすく学べる展示館です。
中には、自然に関する様々な本と、地域の情報をおいている部屋、生命の営みのオブジェクト、四季それぞれの森に動物や鳥、昆虫などが描かれたパネル、そして、水や森、町を紹介した映像などがあります。
カモシカや、ハクビシンのはく製、白州で発見されたトウヒの樹根化石(山梨県の天然記念物)も必見です。

森の図書館

森と水の展示館の入口には、森をもっと楽しむための本がたくさんそろった森の図書館があります。
森の中で気になったお花や昆虫を調べる図鑑、アウトドアをもっと楽しむための本、子ども向けの本などがいろいろとそろっていますので、気軽にお楽しみいただけます。

森の回廊

鳥やリスたちと同じ視点から見た森はどのような景色でしょうか。
森の展示館から始まる「森の回廊」は高さ5m。この高さは、鳥やリスたちが移動する高さとも言われます。
普段はまじかにみることのない木々の枝ぶりや葉っぱを観察したり、鳥の気持ちになって地上の虫を探してみたりしてお楽しみください。

山脈塩屋小屋

温泉『尾白の湯』には、塩分が大変豊富に含まれているほか、さまざまなミネラル分がふくまれています。
その成分がなくならないよう、源泉をそのまま釜と土鍋を使って乾燥させていき、丁寧に塩をつくります。時間が合えば、手作りしている様子をご覧いただけます。
源泉から採れたミネラル豊富な塩は、塩そのものとして販売しているほか、塩ようかん、塩アイス、塩サイダーなど様々な商品として販売されています。また、食事処『白州庵』にてラーメンやフライドポテトでお楽しみいただけます。

水の庭園

白州に流れ込む水は、尾白川と同じ甲斐駒ケ岳を源流としています。
山に降った雪や雨は、花崗岩層に磨かれ、およそ20年以上の歳月をかけてゆっくりと地中にしみこんでいきます。
花崗岩層が天然のろ過装置の役割を果たすとともに、岩のもつミネラル分が水にしみこむことによって、すっきりとしてキレの良い天然水と磨かれていきます。水のせせらぎを聞きながらゆっくり散策したり、木漏れ日を楽しみながら鳥のさえずりを楽しめる癒しの空間です。
名水汲み場もあるので、普段の料理やお飲物にぜひご利用ください。

ドッグラン

公園正門の木の橋を通ってすぐの左手の森の中に設置されています。
広さは100㎡ほどあり、目の届くところで安心して遊ばせることができます。
中にはベンチがあり、飼い主の方が座っておくつろぎいただけます。また、わんちゃん用のシーソーなど手作りの遊び道具も設置してあります。
犬種別にはなっていないので、飼い主の方々の責任でお楽しみください。

ハンモックの森とブランコ

森の木陰で木の間にぶら下げたハンモックに寝そべり、贅沢なひと時を過ごしてみませんか?
ハンモックはレンタル(有料)していますのでお気軽にお尋ねください。
また、スタッフが手作りでかけたブランコもひそかな人気となっています。
季節によって設置していますので、森の回廊周辺で探してみて下さいね!

べるが池

総合案内所の入口にある池には、名水がそそぎこみます。
この池でにじます釣り(春・秋)やにじますのつかみどり(夏限定)を行っています。

エミュー小屋

森の散策路の入口で、エミューを2頭飼っています。
世界で2番目に大きい鳥のエミューは、草食の優しい動物。
普段は鳥のエサを食べていますが、みんながくれる雑草が大好きです。
大きいからだで好奇心旺盛なメスの『べるちゃん』子どもが大好きで、太鼓のような音を鳴らします。
オスの『がーちゃん』は、こわがりやだけど好奇心旺盛、卵をあたためる頑張りやです。
つつく力、引っ張る力が強いので、エサをあげる時の指や、カメラや携帯で写真を撮るときには近づきすぎないようにご注意ください。

TO TOP